2017 J1-2 vsガンバ大阪(日立台)

今日はお天気のはずなのに何だか寒い。

いろんな意味でお天気のはずなのに、いろんな意味でとっても寒い。

ああ、ACLでクタクタのはずのガンバにコテンパンにやられたからだ。

運でも調子でもなく、サッカーの実力で完全に敗北しました。

柏レイソル 1-3 ガンバ大阪

システムは4-4-2

今年はこれで行くのですね。

怪我をしたハモンに変えて武富がスタメン。それ以外は鳥栖と同じ。

前半 0-1

開始早々、アデミウソン(9)に右サイドを突かれる。

あっさり抜かれるカマジ。いきなりピンチ。でもなんとか耐える。

 

一方レイソルは落ち着いて丁寧にショートパスをつなぐ。

つないで回す。回す。まだ回す。これでもかというくらい回す。

そして奪われる。

 

ガンバもショートパスをつないで丁寧に…

と思わせておいていきなり飛び出すアデミウソン。またもやピンチ。

小競り合いからガラ空きの右スペースを突かれ、そこから上がったクロスに長沢(20)に合わせられ失点。

開始わずか7分での失点。

試合を「観戦」していてスペースが空いている事に気づかないカマジ。大谷が気づいてカマジに指示を出すも時既に遅し。そこに駆け込むガンバのだれかさん。慌てて駆け寄るカマジをよそにあっさりクロスを上げられる。

ボールはもはや誰もマークしていない中谷の頭上を越え、長沢を背負っていたはずの中山はボールに気を取られて長沢を見失い、それに気づいた長沢は一瞬の隙を突いて中山の前に飛び出してヘディング。

鳥栖戦の武富の様な見事なヘディングでした。

ここぞという時にボールしか見ていないレイソルと、相手の選手をよく見ているガンバの差が出ましたね。

中山はボールを取りに行くのではなく、長沢が近づけない様に体でコースをブロックすべきでしたね。あの位置なら中村がキャッチしてくれたはずです。

その後はセカンドボールを奪われ続け終始ガンバのペース。

何もできないまま前半終了。

でも焦らない。なぜだかわからないけど後半になると調子が良くなるのがレイソル。ここは耐えて後半に期待。

後半 1-2

「早い時間で1点取り返して流れを変えよう」という下平監督の指示。

後半開始2分、その指示のとおり小林が決める。

クリスのCKのこぼれ球を豪快にボレー。

この時、寒さに耐えかねた私はたこやきを食べてました。おいしかった。ゴールシーンは帰りにナイスミドルセンパイのDAZNで見せてもらいました。こんなシュートを打てる子だったのですね。

 

これで流れに乗れるかと思いきや、あっちでポロリ、こっちでポロリ、ボールを頻繁にロストしてチャンスを自ら潰す。

 

そしてまたもや長沢に2点目を決められる。

右サイドからのクロスに1タッチでゴールへ。あのタッチでコースを変えてゴールできるあたりはさすが。

中谷とカマジが長沢を挟んで直前まで警戒していました。しかし中谷がボールに気を取られて一瞬目を離した隙に中谷の前に走り込まれ失点。また突き放される。

 

その後もセカンドボールをことごとく奪われ、終始支配され、攻められ続けるレイソル。

PKまで献上してアデミウソンに決められ3点目。静まり返るレイソルゴール裏。

 

ここからはもう見ていられなかった。

ベンチは敗戦処理に古賀、中川、大津を投入。

選手は集中力が切れてパスが雑になる。それを見逃さなかったガンバに甘いパスを何度も奪われピンチに陥る。

もはや得意のショートパスをつなぐサッカーすらも崩壊(というより自ら放棄)し、やる気を感じないまま時間だけを消化して終了。

気になった選手&プレー

完全に抑え込まれたFW

「決定力が無いならシュートを増やせばいいじゃない」作戦は失敗。シュートはわずか9本で久々に相手チーム(15本)を下回りました。

クリスのフリーキックが足下を隠してくれていた味方(小林?)に当たってしまう事故が起きたり、伊東が完全に消えていたり、全体的に精彩を欠いていましたね。

カマジのミスが目立ってた様に見えますが本来は右サイド全体の問題。つまり伊東が守備をサボりすぎ。ハリル監督がそんなに気になるか?

ディエゴは相変わらず2,3人背負ってもボールを奪われないフィジカルの強さが光ってました。ただ、ヘディング2発は決めてほしかった。

武富もいいところで顔を出してはいたしボールの処理が本当に上手い。ただシュート2回は惜しくも一歩及ばず。

大津もなんとなく冴えが無かった。まあ出場時間が5分程度なので仕方ないかも。

FWは去年から続くフカす癖が全然治ってませんでした。

大島!ドゥドゥ!大津! 伊東がヤル気無いってよ! スタメン奪うチャンスだぞ!(怒)

終始プレスがやさしい

全員とってもやさしいプレスで、もはやマッサージでしたね。

大谷は双子でしたっけ?

今日来ていたのはそっくりさん?

鳥栖戦に出てた方の大谷が出てほしかった。

武富と寛斗と強いて言うなら小林だけちゃんと効果のあるプレスをしていました。

DF… あまり触れたくない

カマジは1対1はアレだったけど、イエローをもらってでもアデミウソンを止めた判断には経験を感じました。あそこで一瞬の躊躇があったらもう1点失っていたかも。でもやっぱりDFは1対1で負けちゃダメ。

中山も中谷もボールを追いすぎて相手のFWを見失うとかありえない。これじゃ代表は無理。

中山はあの位置なら胸トラップでキレイにボールを受けられたかもね。でも長沢は多少無理な体勢でも1歩前に出てヘディングを決めた。

中谷はあの位置なら足でキレイにボールを止められたかもね。でも長沢は多少無理な体勢でも1歩前へ出てワンタッチでゴールを生んだ。

泥臭さと勝負強さで二人とも長沢に完敗してます。

輪湖はそんなに悪くなかった気もする。モジモジボールを回すより思い切ったシュートが欲しいなと思っていたらその通りシュートを放ってくれた。素人の目にはああいうプレーに得点の匂いを感じたりします。

古賀は残念な敗戦デビューになってしまいました。あの場面ならもう少し攻め気があっても良かったかな…。でも大きな穴もなく期待できるんじゃ無いでしょうか。DFラインを全部こなせるのも強み。サブのメンバーでDFラインは古賀のみというあたりに下平監督の信頼を感じます。

中村は惜しかったな… 1点目はちゃんと抜け出した長沢に反応していたし、2点目もあと掌1つ分でボールに届いてた。PKはもうしょうがない。

小林どうしたの?

プレスはいつも通り効いていたし、奪われたら奪い返すファイトは感じました。

ミドルシュートはいい意味で驚きました。もっと内気な子かと。

でもそれ以上に前半からポロポロ取りこぼしが目立った。

アレ!アレ!小林祐介! のはずが、あれ?あれ?小林祐介?状態だったのは私だけでは無いはず。

寛斗もポロリ…

武富のプレスや上手さと小林のしつこさを兼ね揃えたプレーに加え、いいポジショニングでチャンスを作ろうとしていたとは思います。2人に囲まれた状態からあと一歩で抜け出せそうな場面もありました。

でも寛斗までボールを取りこぼしてたらもう反撃できない。

せっかくいいところにポジショニングしているのに小林からボールが回ってこなかったり、せっかくプレスをかけてツツき出しても、その先に伊東が詰めていなかったり、連携面で足並みの乱れも見えました。

小林が周りを見れていなかったのと、伊東が守備をサボっていたのと、それ以上に2人とも体力が残っていなかっただけだと思いたいのですが…

ガンバの選手

もう完敗ですわ。

誰が上手いとかではなく、チーム対チームで力の差を見せつけられました。

勝ちに飢えてるハングリーさも負けました。

ACL頑張ってください。

ピッチ外のあれやこれや

花粉に殺される

すっごい花粉が飛んでましたね。もうアレグラFXじゃ耐えられません。

全国の林業の皆さん!頑張って日本中の杉の木を切り倒してください!

そして林野庁、余計なことすんな。

未だに年間1600万本も杉の木を植えるとか狂気の沙汰だわ

チケット完売なのに来場者数が1万3千人?

  • チケットを買ったけど来なかった人
  • BIGアソシエイツに入っているけど来なかった人

ってそんなにいるのでしょうか?

意外に良かった2階席

開門時間がいつもより早い12時だということをすっかり忘れてしまうという痛恨のミス。

スタジアムに着いたときには既に1階は満席。

仕方なく2階へ。屈辱。

やっぱり臨場感がだいぶ違うな。

でもグランド全体が見えてこれはこれで悪くない。

鳥栖もこんな感じだったな。

ピッチ全体がみえてこれはこれでアリかも

ガンバサポーターは気合入ってました

少人数ながらかなり声が出てましたね。

鳥栖戦のレイソルもこんな感じでした。

これはあれですね、徳永家康の石合戦。

人数が少ない方が士気が高くなって試合に勝てるとか言うあれ。

ガンバ側の入り口を隠し撮り

相変わらず芸達者なレイくん

DAZNの宣伝をしてみたり、ファンと触れ合ったり、ピッチでサポーターを煽ったりと芸達者なレイくん。

今年もこんな感じで楽しませてくれるそうです。

もうレイくんのチャントも作ってあげたいくらい愛らしい。

ツイッターは漢字をもう少し覚えようね。

ちょっとタブーに触れてみたりして

J1屈指の攻撃陣といわれているハモン、クリス、ディエゴ、伊東。

この2戦でPK以外の得点が未だゼロ。

やっぱり弾を込めてくれる人が必要なのでは…. と思ってみたり。

 

甘いマスクでとっても人気な伊東選手。

小池、安西、小林と仲がよいのはいいことですし、

Instagramなんかも後でよい思い出になるのでいいとは思うのですが、

ちょっと「おともだちサークル」のぬるい空気ありません?

小池もJRとかいうブランドを作って試合に出ようとしてません?

サッカーが本業ですから。

おともだちとしかサッカーできないならプロ失格ですから。

今日、全く仕事できていませんから。

やたらと速いのはいいですが、ゴールに結びついていませんから。

ちょっと気持ちを引き締めた方がよいのでは…. と思ってみたり。

 

J1屈指の攻撃陣とか言われて注目されるのはありがたいけど、

そこにこだわって打つべき手を打てなくなっていないか心配。

「勝ちにこだわる」んでしょ?

だったら冷静に今の攻撃陣が機能しているか考え直した方が良いと思う。

冷静なナイスミドルパイセンご夫婦

失点したシーンやら逃したシュートやらマイナスの記憶がぐるぐる回る帰り道。

ナイスミドルパイセンご夫婦は冷静にこの状況を受け入れていました。

というか余裕でした。

さすがJ2降格を味わってきたパイセン。経験値が違います。

明日の私の仕事は期待しないでください。

私はこう見えて引きずるタイプです。

次は川崎フロンターレ

ここまで1勝1敗。

先制されると勝てないというジンクスを鳥栖で打ち破ったはずですが

今日の結果を見るとマグレか審判のおかげと言われても仕方ありません。

 

強豪相手に自分たちのサッカーができるのか

はたまた化けの皮が剥がれて崩れ落ちてゆくのか。

等々力で真価が問われます。

 

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です